パーマを長持ちさせるコツ

パーマを長持ちさせるコツ

様々なヘアスタイルの中で、パーマを好む方は大勢いらっしゃるでしょう。
しかし、中には長持ちせずに困っている方もいると思います。パーマを長持ちさせる為には、いくつかコツを押さえることが大切です。

強くゴシゴシしない

シャンプーをする際に、乱暴に洗ってしまうとパーマは簡単にとれてしまうので、注意しましょう。シャンプーをする時は、頭皮にしっかりと指を当て、髪の毛の中間あたりから毛先にかけてやさしく洗うことが大切です。

トリートメントをしっかりとする

髪の毛の水分が十分にあった方が、パーマは長持ちします。その為、しっかりとトリートメントをして、パーマ液で傷んだ髪の毛をケアするようにしましょう。また、トリートメントを使用する際は、なるべくパーマ用のものを使用することをおすすめします。

クシでとかして乾かさない

クシでとかして乾かしてしまうと、髪の毛が伸びてしまい、その結果パーマがとれてしまいます。乾かす際は下からふわふわと髪を持ち上げながら、指で揉むようにして乾かしましょう。

過ごし方に気をつける

パーマ後は、気をつかって過ごさないとすぐに髪型が崩れる可能性があります。例えば、外出時に帽子を被ったり、うつ伏せで眠ってしまったりすると、折角のパーマが台無しになってしまいます。

また、普段プールで泳ぐ習慣がある方は、プールの塩素にも注意しましょう。プールの塩素は、髪を保護する役割があるキューティクルを傷めてしまい、その結果パーマがとれてしまうことがあります。その為、プールに入った後は、髪に付着した塩素をシャワーで綺麗に洗い流し、ダメージを極力減らすようにしましょう。

パーマやカラーのことで、相談をしたい方は渋谷区にある美容室美容院)ルシェリアにぜひご相談下さい。
ルシェリアでは、ヘアカウンセリングを随時実施しております。ヘアカウンセリングを行うことで、お客様の悩みを把握し、しっかりと解決いたします。プロが誠心誠意対応いたしますので、ヘアカウンセリングを初めて受ける方もお気軽にお越し下さい。