キューティクルの基礎知識

美容室に行くとよくキューティクルという言葉を耳にしませんか。さらツヤ髪を手に入れるためには、キューティクルについて知ることが大切です。

キューティクルとは

1本の毛髪は「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3つの層で構成されており、一番外側にある部分をキューティクルと言います。キューティクルは毛の表面を覆っている部分で、うろこ状に重なり合い6~8枚くらいの層でできています。

主成分は硬質タンパク質で、無色透明なのが特徴です。そして、タンパク質や水分が失われないようにするのと同時に、外部からの刺激を守るという役割を持っています。本来、健康的な髪は約12~13%の水分量を保っていますが、この水分量が7%をきっているとキューティクルがはがれている状態だと言えます。

キューティクルがはがれる原因

外部からの刺激を守るキューティクルは熱に弱いという弱点があります。そのため、毎日のようにドライヤーを使っていると少しずつダメージを受けていきます。また、熱を与えるヘアアイロンも同様です。さらに、パーマカラーリングといった薬剤にも弱く、頻繁に行うとキューティクルははがれて、ダメージを受けやすくなります。そして、紫外線や間違ったシャンプーなども原因として考えられます。

普段の手入れを見直そう

普段の手入れを見直そう

キューティクルが壊れる原因のいくつかは普段の手入れに関係しています。
そのため、正しい手入れ方法を覚えて実践することが大切です。

こちらではドライヤーあて方を紹介します。ドライヤーはまず頭皮から乾かすのが基本です。同じ所ばかりに熱風が当たらないよう、小刻みに動かしながらするのがおすすめです。

そして、頭皮が乾いたら髪を乾かし、9割程度乾いてきたら冷風に切り替えるようにしましょう。普段のちょっとした手入れを意識するだけでも髪の艶は変わってきます。

こちらではキューティクルの基礎知識を紹介しました。美髪を目指す参考になれば幸いです。東京都渋谷区にあるルシェリアではカットやカラー、パーマ、縮毛矯正トリートメントといった通常メニューの他に、M3Dメニューを提供しています。
髪質改善を目指したM3Dメニューは多くのお客様に満足頂いており、自然を汚さない地球に優しいシステムを採用しています。ボリュームやゴワつき、指通りが悪いなど、髪の毛が気になる方は、是非M3Dメニューをお試し下さい。